冨士本眼科冨士本眼科

白内障手術、緑内障手術、硝子体手術なら
城西ヶ丘眼科へお任せください。

当院では、あらゆる眼病に対処できる最新の技術とシステムを備えています。特に「白内障」「緑内障」「網膜硝子体疾患などに対する硝子体手術」には優れた実績を誇っています。

診療にあたっては、まず医師と患者さまとの信頼関係が大切です。患者さまのどのような疑問にたいしても、わかりやすく丁寧にご説明します。また当院の医療スタッフは、常に最新の医療情報を得るために努力をつづけ、治療に活かしていますので高度な診療を受けられます。

冨士本眼科グループ
総院長 冨士本一志

Kazushi Fujimoto

最先端の医療機器が高度な技術を支える

症状を十分に把握するためには、能力の高い検査機器は必需品です。また、当院の手術は高い評価を受けていますが、さらに治療や手術をスムーズに進めるために最先端の医療機器を備えています。それぞれの患者さまのカルテにはバーコードが付けられ、診療のつど前回までの経過をモニターで確認できるシステムを採用していることも安心の一つです。

医療機器

アルコンコンステレーション®ビジョンシステム

城西ヶ丘眼科はアルコン社製の最新のコンステレーション®ビジョンシステムを導入しています。これまでの硝子体手術装置よりもさらに進化した高性能、多機能を兼ね備えた最新モデルで、白内障・緑内障・硝子体手術を同時に行うこともできます。

硝子体手術について

  • 眼科手術のなかでも特に高度な医療技術が要求されるうえに、特殊な医療器具も必要なため、全ての眼科医療機関で行える手術ではありません。
  • 執刀医である院長は、この硝子体手術について優れた実績があります。硝子体手術にお悩みの方はぜひ、一度当医院までご相談ください。
硝子体
アルコンコンステレーション®ビジョンシステム

冨士本眼科グループ 総院長 冨士本一志

  • 1980年 広島修道高等学校卒業
  • 1981年 佐賀医科大学入学
  • 1987年 同校卒業

職歴

  • 1987年 広島大学医学部 眼科学教室入局
  • 1988年 北九州総合病院眼科着任
  • 1998年 冨士本眼科開業

免許・資格

  • 1987年 医師免許証所得
  • 1997年 日本眼科学会専門医認定

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本白内障学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本臨床眼科学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本内視鏡外科学会
冨士本一志

城西ヶ丘眼科 院長 廣瀬直文

略歴

  • 1980年 産業医科大学医学部入学
  • 1987年 同校卒業
  • 1987年 産業医科大学眼科学教室入局
  • 1989年 労働省産業医学総合研究所入職
  • 1991年 産業医科大学専門修練医
  • 1991年 労働福祉事業団 山口労災病院眼科入職
  • 1993年 産業医科大学 眼科助手
  • 2004年 さっか眼科入職
  • 2008年 同院退職
  • 2008年 冨士本眼科入職
  • 2009年 惺光会理事長就任

免許・資格

  • 1987年 医師免許証所得
  • 1992年 日本眼科学会専門医認定

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本角膜学会
  • 日本緑内障学科/日本視野学会
  • 日本眼科手術学会
廣瀬直文

城西ヶ丘眼科 医師 川内彰

略歴

  • 1986年 産業医科大学医学部入学
  • 1992年 同校卒業
  • 1992年 産業医科大学眼科学教室入局
  • 1994年 小波瀬病院 眼科入職
  • 2006年 小波瀬病院 理事長就任
  • 2017年 冨士本眼科 入職

免許・資格

  • 1992年 医師免許証所得
  • 1997年 日本眼科学会専門医認定

所属学会

  • 日本眼科学会
医師

城西ヶ丘眼科 医師 梶川哲

  • 広島大学 医学博士
  • 日本眼科学会認定 眼科専門医

略歴

  • 1984年 私立修道高校 卒業
  • 1991年 広島大学医学部医学科 卒業
  • 1991年 広島大学医学部眼科学教室 入局
  • 1993年 庄原赤十字病院 眼科医師
  • 1995年 広島赤十字・原爆病院 眼科医師
  • 1996年 広島大学医学部附属病院 眼科医員
  • 2000年 広島大学大学院医学系研究科外科系専攻 修了
  • 2000年 国立福山病院 眼科医長
  • 2002年 行橋南眼科 院長

所属学会等

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本眼科レンズ屈折手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本緑内障学会
医師